私たち高千穂あまてらす鉄道は、高千穂鉄道の廃線をうけて、2008(平成19)年3月に創立しました。はじめは駅舎や線路の活用さえできない状態だったのですが、翌年から認められ、動力なしの木製トロッコを人力で押すところからはじめました。駅構内限定です。
私たちの当面の願いは高千穂駅から2.5キロ先にある現在でも鉄道橋としては日本一の高さ(105メートル)に架かる高千穂鉄橋を渡ることでした。それが実現したのが2013(平成24)年)夏休みからです。 お金のない私たちにどんな車両が走らせられるのか。考えた末に、軽トラック改造車両を2台連結して走らせはじめたのです。定員18名の小さな乗り物が、たびたびの故障に見舞われながら、毎年25000人前後のお客様を鉄橋までお連れするようになりました。
 現在は30人乗りのグランド・スーパーカート(GSC)を運行させています。動力車は空港で荷物を運んだりしているトーイング・トラクターというもので、2500CCの強力なエンジンが搭載されています。床には強化ガラスを敷いて、105メートルの高さを実感していただき、二つのトンネル内では美しいイルミネーションを楽しんでいただいています。軽トラ改造車も、連休や夏休み以外の毎週水曜日に運行しています。
 往復5.1キロメートル、約30分の小さな旅です。沿線から眺められる新緑や紅葉の美しさ、初夏には珍しい渡り鳥の姿が鉄橋から眺められるかもしれません。盛夏の頃の燃え立つような万緑、大峡谷から渡ってくる風の涼しさ。高千穂駅にもどって来られたときの皆様の笑顔を見るたびに、私たちはうれしくなります。そして、あきらめずにやってきてよかったと、胸がいっぱいになります。
 ぜひ、お出かけください。

高千穂あまてらす鉄道代表取締役
髙山文彦

代表取締役 工藤雅康(作家・高山文彦)
取締役 桐木敏隆
取締役 鐘川倫子
取締役 佐藤義治
取締役 工藤貴喜
取締役 甲斐正樹
監査役 竹村安博
高千穂駅~高千穂鉄橋までの往復5.1キロメートルの列車遊具による運行。
 カフェテラスの運営。
 地元の雇用拡大。
人口減少社会を乗り切り、生きた鉄道遺産として未来の子孫に手渡していきたい。地域創生の基地でありたい。
会社名
高千穂あまてらす鉄道株式会社

設立
平成20年3月15日

住所・連絡先
〒882-1101
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1
(旧高千穂駅駅舎内)
Tel 0982-72-3216
Fax 0982-72-3217

県道237号線沿いの三角屋根の建物の斜め下にあまてらす鉄道はあります。
あまてらす鉄道へは階段を歩いて降りていきます。

駐車場は15台(軽自動車用3台)
身障者用2台 駅舎横にあります。
満車の場合は駅舎上の県道沿いの共用スペースをご利用ください。

トップへ